昭和、中国、愛新覚羅溥儀(その1)

画像
愛新覚羅 溥儀(あいしんかくら ふぎ)簡体字:爱新觉罗溥仪、漢語拼音: Àixīnjuéluó Pǔyí=アイシンジュエルオ プーイー。(愛新覚羅の満洲語発音はアイシンギョロ)1906年2月7日-1967年10月17日)は、清朝の第12代皇帝(在位:1908年-1912年)で、満洲国の初代皇帝(在位:1934年-1945年)。

人物概説  「最後の皇帝」として広く知られています。清朝皇帝時代には、治世の元号から宣統帝ともいいます。清朝消滅後に日本政府および軍の支援を受け、満洲国の執政、満洲国が帝政に移行すると皇帝として再即位し、康徳帝(1934年~1945年)を名乗ります。字(あざな)を「浩然」あるいは「耀之」といいます。
廟号は恭宗(2004年に与えられましたが、公式ではありません)。また、辛亥革命後の呼称としては、廃帝と国民党政府から呼ばれる一方、旧清朝の立場からは遜帝(「遜」は「ゆずる」の意)とも呼ばれました。末皇帝(末帝)と呼ばれる場合もあります。

生涯の略年表
・1906年:醇親王載灃の子として北京に生まれる
・1908年:第12代清朝皇帝(宣統帝)に即位
・1912年:辛亥革命により退位
・1917年:張勲復辟により清朝皇帝に復位するも、10日あまりで再び退位
・1919年:イギリス人のレジナルド・ジョンストンを帝師として招聘
・1922年:正妻の婉容、側室の文繍と結婚
・1924年:クーデターにより紫禁城から退去。ジョンストンが帝師を退任
・1925年:イギリスやオランダ公使館へ庇護を要請するものの拒否され、天津日本租界内張園に移転
・1931年:側室の文繍と離婚。満洲事変勃発後、日本軍の満洲国元首への就任要請を受諾し、日本軍の手引きで天津を脱出、満洲へ移る
・1932年:満洲国の建国に伴い満洲国執政に就任
・1934年:満洲国皇帝(康徳帝)に即位
・1935年:初の外国訪問として日本を公式訪問
・1937年:譚玉齢を側室とする
・1940年:日本を再び公式訪問、最後の外国訪問となる
・1942年:側室の譚玉齢が死去
・1943年:李玉琴を側室とする
・1945年:満洲国の崩壊に伴い皇帝を退位し、その後日本への亡命途中に、侵略してきたソ連軍の捕虜になる
・1946年:東京裁判にソ連の証人として出廷させられる、正妻の婉容死去
・1950年:中華人民共和国に身柄を移され撫順戦犯管理所に収容される
・1959年:模範囚として釈放され、その後北京文史資料研究委員会に勤務
・1962年:李淑賢と再婚
・1964年:中国共産党政治協商会議全国委員に選出される
・1967年:北京で死去

生涯
生誕  1906年に、清朝の第11代皇帝光緒帝の弟である醇親王載灃と、光緒帝の従兄弟で、西太后の腹心栄禄の娘である瓜爾佳氏・幼蘭の子として、清国(大清帝国)の首都である北京に生まれます。なお、祖父は愛新覚羅 奕譞、曽祖父は道光帝となります。

第12代清朝皇帝  1900年に発生した義和団の乱を乗り越え、当時依然として強い権力を持っていた西太后が1908年に光緒帝の後継者として溥儀を指名したことにより、溥儀はわずか2歳10か月で皇帝に即位させられ、清朝の第12代宣統帝となりました。即位式は紫禁城太和殿で行われ、その後溥儀は多くの宦官とともに紫禁城で暮らすこととなります。
西太后は溥儀を後継者とするとともに、溥儀の父醇親王を監国摂政王に任命して政治の実権を委ね、同年11月14日に光緒帝が崩御した翌日に74歳で崩御しました。
なお、光緒帝の死に関して、当初から毒殺されたのではないかという説があり、2007年に行われた調査では、光緒帝の遺髪から大量の砒素が検出されたため、毒殺の可能性がより濃厚になりました。誰が光緒帝を暗殺したかについては、西太后と光緒帝の死亡時期が近いため、「西太后が光緒帝を自分よりも長生きさせないために暗殺した」とする説がある一方で、「戊戌変法で光緒帝を裏切っている袁世凱が、光緒帝が復権して自身に報復するのを恐れて暗殺した」という説もあり、溥儀は自伝『わが半生』で「袁世凱による殺害」という見方を示しています。しかしいずれも証拠がなく、誰が光緒帝を暗殺したかは不明です。

清朝崩壊と退位  その翌年の1909年初めに醇親王は、兄である光緒帝を裏切って戊戌変法を潰したとして憎んでいた北洋大臣兼直隷総督の袁世凱を失脚させ、さらに袁世凱を殺害しようとしましたが、内部情報を得た袁世凱はかろうじて北京を逃れ河南省彰徳に蟄居することとなりました。
その後袁世凱は、清国政府による民間資本鉄道の国有化とその反対運動をきっかけに1911年10月10日に辛亥革命が勃発すると、湖北省の武昌で起きた反乱(武昌起義)の鎮圧を名目に政界に復帰しました。袁世凱は清国政府に第2代内閣総理大臣の地位を要求するとともに、醇親王の摂政王退位を要求しました。
反乱鎮圧のために袁世凱の武力に頼らなければならない清朝政府は袁世凱の要求を受け入れたが、袁世凱はさらに、孫文らと溥儀を退位させる代わりに自らが中華民国臨時大総統に就任するという裏取引をし、隆裕太后に溥儀の退位を迫り、隆裕太后は皇族を集めて連日御前会議を開きました。
その席上粛親王善耆、恭親王溥偉などは退位に激しく反対しましたが、清朝皇族が頼りとしていた大日本帝国陸軍士官学校留学生で皇族出身の良弼が暗殺されるという事態におよび、隆裕太后はついに皇帝退位を決断し、1912年2月に溥儀は退位することとなりました。なお、粛親王は日本租借地の旅順へ、恭親王はドイツの租借地の青島に逃れてその後も清朝復辟運動を行いました。
溥儀の皇帝退位にあたり、清朝政府と中華民国政府との間に「清帝退位優待条件」が締結されました。優待条件は、「皇帝は退位後も『大清皇帝』の尊号を保持し、民国政府はこれを外国元首と同等に礼遇すること」、「溥儀が引き続き紫禁城(と頤和園)で生活すること」、「中華民国政府が清朝皇室に対して毎年400万両を支払い、清朝の陵墓を永久に保護すること」などが取りきめられました。そのため溥儀は退位後も紫禁城で宦官らと皇帝としての生活を続けました。またこの頃、弟の溥傑と初対面を果たしました。
その後、袁世凱は溥儀に代わり自らが「皇帝」となるべく奔走し、1915年12月12日に帝政復活を宣言して「皇帝」に即位しました。その後1916年1月1日より年号を洪憲と定め、国号を「中華帝国」に改めました。だが、北洋軍閥や日本政府などの各方面からの反対により「皇帝」即位直後の同年3月に退位し、失意の中で同年6月に死去しました。

張勲復辟事件  袁世凱が死去した翌年の1917年に、対ドイツ問題で黎元洪大総統と政敵の段祺瑞の確執が激化し、同年5月23日には黎元洪大総統が段祺瑞を罷免に追い込んだものの、民国期になっても辮髪を止めないほどの保守派で、革命後も清朝に忠節を尽す張勲が、この政治的空白時に乗じて王政復古によって政権を奪還しようと、中華民国の立憲君主制を目指す康有為を呼び寄せて、すでに退位していた溥儀を再び即位させて7月1日に帝政の復古を宣言。いわゆる「張勲復辟事件」に発展しました。
張勲は幼少の溥儀を擁して自ら議政大臣と直隷総督兼北洋大臣となり、国会及び憲法を破棄し、共和制廃止と清朝の復辟を成し遂げるも、仲間割れから段祺瑞に敗れオランダ公使館に避難。最終的に溥儀の復辟は13日間で挫折しました。その後中国大陸は馮玉祥や蒋介石、張作霖などの軍閥による勢力争いという、混沌とした状況を迎えることとなる。

ジョンストンとの出会い  その後、溥儀の後見役的立場になっていた醇親王載灃と、西太后の側近であった李鴻章の息子で、清国の欽差全権大臣を務め、駐イギリス特命全権大使でもあった李經方の勧めによって、1919年5月にイギリス拓務省の官僚で、中国語に堪能であったスコットランド人のレジナルド・フレミング・ジョンストンを帝師(家庭教師)として紫禁城内に招聘し、近代的な西洋風の教育と併せて英語の教育を受けました。
溥儀は当初、見ず知らずの外国人であるジョンストンを受け入れることを拒否していたものの、ジョンストンとの初対面時にその語学力と博学ぶりに感心し、一転して受け入れることを決断しました。なおジョンストンは紫禁城外に居住し、自動車で通勤しました。
その後ジョンストンより日々教育をうける中で、洋服や自転車、電話や雑誌などのヨーロッパの最新の輸入品を与えられ、「洋服には似合わない」との理由で辮髪を切るなど、紫禁城内で生活をしながらも、ジョンストンがもたらしたヨーロッパ(イギリス)風の生活様式と思想の影響を受けることとなります。なおこの頃溥儀はキリスト教徒のジョンストンより、「ヘンリー(Henry)」というイングリッシュ・ネームを与えられ、その後もこの名前を好んで使用しました。なお溥儀はイングリッシュ・ネームを持ったものの、イングリッシュ・ネームを持つ多くの中国人と同じくキリスト教徒にはなりませんでした。

結婚  その後の1922年11月には、満洲旗人でダフール族の郭布羅氏・婉容を皇后として、蒙古旗人の鄂爾徳特氏・文繍を淑妃として迎え、紫禁城において盛大な結婚式を挙げます。なお溥儀は「時代遅れの慣習である」として淑妃を迎えることに反対したものの、側近らの勧めで1人だけ迎えることに同意しました。またこの際には中国の皇帝として初めて外国人を招待した「歓迎会」を催しました。
なお、結婚後に婉容の家庭教師として北京生まれのアメリカ人のイザベル・イングラムが就任し、婉容にはイングラムより「エリザベス(Elizabeth)」のイングリッシュ・ネームが与えられました。またこの頃自分用の自動車を入手した他、イギリスやアメリカへの留学を画策するものの、実現することはありませんでした。

改革  この頃溥儀は中華民国内の混沌とした政情の中にあったものの、正妻とジョンストンらの側近、宦官らとともに紫禁城の中で平穏な日々を過ごしていましたが、清国の大阪総領事や総理衙門章京、湖南布政使等を歴任した後の1924年に総理内務府大臣(教育掛)となった鄭孝胥の薦めを受けて、紫禁城内の経費削減と近代化を推し進めました。
同年6月には、美術品が多く置かれている紫禁城内の「建福院」の目録一覧を作成し、宦官による美術品の横領を一掃することを目論んだものの、目録作成直後の6月27日未明に一部の宦官らが「建福院」に放火し、横領の証拠隠滅を図りました。これに激怒した溥儀は中華民国政府の力を借りて約1,200名いた宦官のほとんどを一斉解雇し、国民やマスコミから称賛をうけました。またその後も女官を追放するなど、紫禁城内の経費削減と近代化を推し進め議論を呼びました。

慈善活動  当時溥儀は、中華民国内における洪水や飢饉、さらには生活困窮者に対して常に同情を寄せ、支援のために多くの義捐金を送ったものの、その全ては自らの命令で匿名で行いました。
また1923年9月1日に起きた関東大震災においては、即座に日本政府に対する義捐金を送ることを表明し、併せて紫禁城内にある膨大な宝石などを送り、日本側で換金し義捐金に換金するように日本の芳沢謙吉公使に伝えました。なおこれに対し日本政府は、換金せずに評価額と同じ金額を皇室から支出し、宝石などは皇室財産として保管することを申し出ました。その後日本政府は代表団を溥儀のもとに送り、この恩に報いました。なおこの際に、「溥儀は何の政治的な動機を持たず、純粋に同情の気持ちを持って行った」とジョンストンは自書の中で回想しています。

紫禁城追放  その後も中国の武力統一を図る軍閥同士の戦闘はますます活発化し、1924年10月には馮玉祥と孫岳が起こした第二次奉直戦争に伴うクーデター(北京政変)が発生し、直隷派の曹錕が監禁され馮玉祥と孫岳が北京を支配することとなりました。さらにクーデター軍は清室優待条件の一方的な改変を通達し、溥儀とその側近らを紫禁城から強制的に退去させました。
当初溥儀は醇親王の王宮である北府へ一時的に身を寄せ、その後ジョンストンが総理内務府大臣の鄭孝胥と陳宝琛の意向を受けて上海租界や天津租界内のイギリス公館やオランダ公館に庇護を申し出たものの、ジョンストンの母国であるイギリス公館からは内政干渉となることを恐れ受け入れを拒否されました。しかし、かつて関東大震災の義捐金などを通じて溥儀と顔見知りであった日本の芳沢謙吉公使は即座に受け入れを表明し、溥儀ら一行は11月29日に北京の日本公使館に入り、日本政府による庇護を受けることになりました。
翌1925年2月には鄭孝胥と日本の支那駐屯軍、駐天津日本国総領事館の仲介で、溥儀一行の身柄の受け入れを表明した日本政府の勧めにより天津市の日本租界の張園に移ることとなります。
なおこの事は、1905年の日露戦争の勝利によるロシア権益の移譲以降、満洲への本格進出の機会を狙っていた日本陸軍(関東軍)と溥儀がその後緊密な関係を持ち始めるきっかけとなるものの、この頃の日本政府及び日本陸軍の立場は、あくまで溥儀の申し出を受けて一時的に租界内に庇護するだけであり、溥儀との関係を積極的に利用する意思はなかったばかりか、中華民国及び満洲に強い影響力を持っていた溥儀の扱いに困惑していました。

ジョンストンとの別れ  溥儀が紫禁城から追われたことを受けて同年に帝師を辞任したジョンストンは、天津港よりP&Oの汽船でイギリスに帰国しました。しかし、1927年にイギリスの租借領であるポート・エドワード(威海衛)の植民地行政長官(弁務官)に就任することとなり再び中華民国へと戻り、1930年10月に威海衛がイギリスから中華民国への返還されるまでこの地に駐在しました。なお、ジョンストンはイギリスに帰国する直前に天津に滞在していた溥儀を訪問し、この際に溥儀はジョンストンに記念品を下賜しています。
イギリスに帰国したジョンストンは、ロンドン大学の東洋学及び中国語教授に就任し、1931年に太平洋会議への出席のために再び中華民国を訪れた際に溥儀と再会します。その後1934年に溥儀の家庭教師時代から溥儀の満洲国「元首」(執政)までの動向を綴った「紫禁城の黄昏」(原題:『Twilight in the Forbidden City』)を著し、翌1935年には満洲国を訪れ「執政」となった溥儀と再会しています。

国共内戦と東陵事件  なお、この頃も中華民国国内の政治的状況は混沌としたままで、1927年4月には「上海クーデター」が勃発し、蒋介石率いる中国国民党右派が対立する中国共産党を弾圧した。その後蒋介石は南京にて「南京国民政府」を設立し、党および中華民国政府の実権を掌握するものの、同年7月に国共合作を破棄したことで、ソビエト連邦からの支援を受けた中国共産党の残党が反発し国共内戦がはじまります。
また、溥儀を紫禁城から追放するきっかけとなった北京政変後の1926年に政権を掌握した張作霖の政権も磐石なものではありませんでした。張作霖は、孫文の没後にその後を継いだ中国国民党右派の蒋介石が1928年に開始した「北伐」により、からくも北京より脱出したものの、同年6月、乗っていた列車を関東軍に爆破されて死亡しました(張作霖爆殺事件)。その後張作霖の息子の張学良は蒋介石に降伏し、その後両者は相通じて関東軍に対し挑発行動を繰り返すこととなります。
このような政治的混乱のなかで、1928年に国民党の軍閥孫殿英の軍隊が河北省の東陵を略奪するという事件が発生しました(東陵事件)。なかでも乾隆帝の裕陵と西太后の定東陵は墓室を暴かれて徹底的な略奪を受けました。溥儀は国民政府に抗議しましたが、孫殿英は国民党の高官に賄賂を贈っていためになんら処罰されることはなく、溥儀を大いに憤慨させました。東陵事件は溥儀にとって紫禁城を退去させられた時以上に衝撃的な事件であり、これによって清朝復辟の念を一層強くしたといいます。

文繍との離婚  溥儀の住んでいた日本租界のある天津は、この頃の国共内戦の主な戦闘地域から離れていたことや、日本やイギリス、フランスなどの列強をはじめとする外国租界が多かったため、両軍が租界を持つ諸外国に刺激を与えることを恐れたこと、さらに張作霖爆殺事件以降、急速に関東軍の支配が強まっていたこともあり、国共内戦の影響を受けることはありませんでした。
引き続き日本政府は溥儀の扱いに苦慮していたものの、この様な状況下で溥儀を自国の租界から追い出すわけにもいかないため、溥儀はその後も天津の日本租界の張園、後に移転した協昌里の静園に留まり、婉容と文繍、そして鄭孝胥をはじめとする紫禁城時代からの少数の側近らとともに静かに暮らしていました。
しかし、正妻の婉容との確執が深まった側室の文繍と別居後1931年に離婚し、中国の歴史上初の離婚歴を持つ皇帝となります。離婚後文繍は溥儀に対して慰謝料を求めて告訴した上で、溥儀の性癖や家庭内および宮廷内の内情をマスコミに暴露します。この事を受けて文繍は離婚後すべての位を剥奪され平民となり、小学校の教師として1950年に死亡します。

愛新覚羅溥儀は清朝最後の皇帝です。辛亥革命により、慎重派倒され溥儀の運命は時代の流れに翻弄されていきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック